新発売ブログ

みっきー情報員(2012年度分) 【県中担当】のブログ

  • やわらか新鮮ピーマン(三春町)

    2012年7月23日

    みっきー情報員(2012年度分) 【県中担当】

    食べることが大好き。郡山市在住の20代です。

三春町のピーマン農家さんが集まって農業指導会が行われました。
私も参加させていただきました〜!

 

この農業指導会は、「JAたむら」さん主催で行われています。
栽培時期になると、三春町でピーマンを作っている方々が集まって、
その時期に合った栽培方法や、虫や病気が出た時の対処方法などを教わるのだそうです。

今回、指導会の会場となった畑は三春町の小山忠寛さんの畑で、
とても上手に栽培ができているということで選ばれたのだそうです。

そんな小山さん、実はピーマンの栽培は今年が初めてなのだそうです!
以前は、葉たばこを栽培していたそうですが、栽培には手間がかかることと、
体の調子が優れないことなどから、葉たばこよりも負担の少ないピーマンを作り始めたということです。

小山さんは、奥さんと二人でピーマンを作っていますが、まだ1年目ということもあり、
分からないことは先輩の農家さんに教わりながら栽培しているとのこと(*^_^*)

「毎日が楽しい。」そう小山さんはおっしゃいます。

広い畑!この写真で見えている倍以上の広さがあります!
奥さんと二人で栽培しているので、収穫時期は大変なんだとか…
栽培前には放射性物質の影響が懸念されていたこともあり、
セシウムを吸着する効果があると言われている鉱物のゼオライトを畑に撒き、土壌の改良も行いました。
その効果もあってか、栽培されているピーマンから放射性物質は検出されませんでした。

畑には、きれいな色をしたピーマンがいくつも育っていました!
そのままで食べたのですが、とってもやわらかくて、美味しかったですよ♪
三春で獲れるピーマンは、皮が薄く、柔らかいことが特徴なんだそうです。

小山さんのオススメの食べ方は、味噌炒め!
素材そのものの味を活かした食べ方が一番ですよね。美味しそ〜。

穏やかで優しい小山さん。

これから、夏にかけてピーマンは最盛期を迎えます。
三春のピーマンファンの方もまだ食べたことがない方も、ぜひ食べてみて下さいね。
美味しいのでおススメですよ〜。


↑