自慢のレシピ:農家レストランを訪ねて

穂多瑠生春巻き

穂多瑠

穂多瑠生春巻き

2013年10月24日

会津磐梯山を一望できる立地。田園風景の中に溶け込む一軒の農家。

農家民宿 穂多瑠
農家民宿 穂多瑠
穂多瑠さんからの眺め。すばらしい景色です!

今回うかがったのは、豪華ランチが評判の会津若松市北会津町「農家民宿穂多瑠」さん。こちらは農家民宿ですが、予約をするとランチをいただくことができます。
 
名前の由来は庭に飛び交う「ホタル」から。
 
外観は普通のお宅ですが、扉を開けると贅沢な寛ぎの空間が広がります。
どんなお料理が出てくるのかわくわくしながら待つ間も部屋の素敵な調度品や外の景色に目を奪われます。

hotaru_1
hotaru_2

「来ていただいたお客様にはとことん農家の味を堪能してもらいたい」とおっしゃるオーナーの高津志津子さん。
出される料理は採れたての新鮮な野菜と、会津の郷土料理をアレンジした「穂多瑠御膳」。

穂多瑠御膳

さらに、お米も野菜も無農薬栽培です。
農家だから、できるだけ野菜の形がわかるように出したいという思いから、必ず、メニューには丸ごと野菜料理が出されます。

里芋を茹でて、大葉味噌をつけていただくというシンプルな料理が本当に美味しい。
そのシンプルな美味しさは、採れたて野菜だからこその味。

hotaru_4
hotaru_5

新鮮な野菜がどんどん調理されて、運ばれてきます。
野菜の種類はざっと数えただけでも、20種類以上。
 
とはいえ、高津さんは食事はバランスがとれていないと美味しさも半減してしまうと考えています。

身欠き鰊の味噌煮や棒タラのマリネ等、会津で古くから食べられてきた素材を食べ易い味に工夫されていて、とても美味しくいだけました。
 
締めは手作りデザートとコーヒー付で大満足。

hotaru_6
カボチャ入りチーズケーキ
hotaru_7

吟味されて出される、肉や魚料理が一層野菜の美味しさを引き立てていました。
メニューや素材はお客様に合わせて考えると高津さん。
そんな中でお客さんに、レシピを教えて欲しいとよく言われるくらい人気の定番メニューが「穂多瑠生春巻きサラダ」です。
シンプルな素材が複雑なソースの味と相まって、とても新鮮な美味しさです。
 
「簡単過ぎて恥ずかしいから秘密です」とおっしゃる高津さんですが、特別にレシピを教えていただきましたので、是非、お試しください。
 
日頃の疲れを体の中からリセットしたいと感じた時は、栄養バランスを考えた高津さんの料理と田園風景で癒されに「穂多瑠」を訪ねてください。

穂多瑠生春巻きサラダ

レシピ

材料(4人分)
生春巻きの皮            4枚
生ハム(スモークサーモンでも可)  4枚
大葉                4枚
もやし              1/4袋
レタス               2枚
 
※調味料A
ガーリックコショウ
ゴマ油
マヨネーズ
 
※ソース
オリーブオイル         大サジ3
酢              大サジ1/2
ガーリックコショウ         少々
醤油                少々
※今回は薄口醤油を使用してみました。

穂多瑠生春巻きサラダ

  1. 生春巻きの皮を湿らせて広げる。
  2. もやしは茹でて調味料Aであえておく。
  3. 皮を広げて、大葉、生ハム、レタス、もやしの順におき、マヨネーズを少々かけて巻く。
  4. 皿に盛り付け、※のソースをかける。
  5. トッピングのフライドオニオンをのせて完成。

農家民宿 穂多瑠

今回お伺いした場所

農家民宿 穂多瑠 (ほたる)

【住所】福島県会津若松市北会津町石原406
【TEL】0242-58-2729
ランチは要予約:会津郷土料理お膳1500円(デザート・コーヒー付)

(記事:あおい情報員)


↑