浜中会津 産地のふくしまプライド。

オリーブでみんなを笑顔に

浜通り

オリーブでみんなを笑顔に

2013年10月21日

いわき市をオリーブ畑でいっぱいにしようと活動していらっしゃる方がいます。
今回は、「NPO法人 いわきオリーブプロジェクト」理事の木田源泰さんにお話を伺いました。

「いわきオリーブプロジェクト」は、2009年11月に発足し、今年の1月にNPO法人化した団体です。
いわき市は、遊休農地と呼ばれる耕作の目的に使われない農地が多くあります。この農地を何かに利用できないかと考え、日本全体でもあまり栽培が進んでおらず、作業量が少ないオリーブを栽培することにしたそうです。
 
現在は、いわき市の30カ所で3000本以上栽培されています。
また、果樹王国でもある福島県に、新たな主要栽培品目としてオリーブを確立させ、観光にも繋げていきたいという想いがあるそうです。

オリーブ畑

オリーブというとあまり馴染みのない方も多いかもしれません。しかし、オイルにしたり、実を食べたり、葉を粉末にして混ぜたりと多様な使い方ができます。
 
特に、木田さんはオリーブをオイルにすれば、福島県の野菜にかけてよりおいしく食べられる提案ができるのではないかと考えているそうです。

他にも、オリーブの栽培は比較的作業量が少ないそうで、一般の方が栽培を手伝い、自分で育てたオリーブを自分で食べることも可能なのではないかと話してくれました。
 
「いわきオリーブプロジェクト」がオリーブを植林してから4年が経っています。一般的に、実を付けるのは5年目からと言われています。
なので、まだ実はついていませんが、毎年少しずつ背が高くなり、幹も太くなっているそうです。現在は、150センチメートル以上の高さがあります。
 
オリーブは成長の段階で、あまりにも葉が多すぎるとまっすぐ育たなくなってしまうので、こまめに剪定をする必要があります。切り落とした枝に葉がたくさんついていることから、葉を使って商品を開発しています。

オリーブ麺

その名も「オリーブ麺」です。オリーブの葉を粉末状にして麺に練り込んだものです。
  
茹でてみると、緑の香りが広がって、とってもさわやかな味でした。食べ方は、麺の味そのものを楽しむためにも、シンプルな味付けがオススメです。オリーブオイルと塩で味付けするととてもいいな、と思います。

こちらのオリーブ麺は、いわき市にある「スカイストア」さんで取り扱っているそうです。

写真は、今回お話を伺った「いわきオリーブプロジェクト」理事の木田源泰さんです。とっても熱い方で、オリーブは人を幸せにする力を持っていると教えてくださいました。

olive_3
オリーブの葉

なんと、オリーブの葉には、よく探してみるとハートのような形のものがあるんです。
すてきですよね。
 
ぜひ、いわき市のオリーブを応援して下さいね。

今回お伺いした場所

NPO法人 いわきオリーブプロジェクト

【住所】福島県いわき市下平窪字鍛冶内29
【電話】090‐3756‐4321
【URL】http://iwaki-olive.com/

今回お伺いした場所

スカイストア

【住所】福島県いわき市平字一町目25
【電話】0246-23-3447
【URL】http://www.sky-store.jp/

みっきー情報員 【浜通り担当】

浜通り

  • オリーブでみんなを笑顔に(いわき市)
  • 2013年10月21日 月曜日
  • みっきー情報員 【浜通り担当】
  • 食べることが大好き。郡山市在住の20代です。

↑